ハクビシン駆除をしよう|大事なペットを猛獣から守る

ベッドなどに潜む害虫

作業員

南京虫はトコジラミとも呼ばれ刺されると強いかゆみを生じます。布団やベッド、家具の隙間などあらゆるところに隠れています。専用の殺虫剤で南京虫駆除ができない場合は業者に依頼しましょう。駆除は1日で終わることが多いのですが被害がひどい場合は複数回行うこともあります。

もっと知ろう

被害が出ないために

女性

ハチの巣を退治するためには、その対処が早ければ早いほど有効ですが、必ずしも早く発見できるとは限りません。すでに大きく成長してしまった際には、専門業者に相談することで、状況を確認し、適切な対応をしてくれます。

もっと知ろう

厄介なダニを退治する方法

男性

ダニには多くの種類があり、肉眼で見えないほど小さい種類も少なくありません。住宅に発生するのはイエダニやヒョウヒダニ・コナダニなどの種類です。いずれも適温多湿の条件下で増殖し、かゆみやアレルギーの原因となります。燻煙剤などを使ったダニ駆除も可能ですが、害虫駆除業者を利用するのが最も確実な解決方法です。

もっと知ろう

ハクビシンの追い出し方

白鼻芯

わずかな隙間からでも侵入

犬や猫はもちろんのこと、ハムスターなどの小動物や小鳥もペットとして人気があります。中には熱帯魚や爬虫類を飼っている人もいます。そうした動物は飼い主に癒やしを与えてくれる存在ですが、家に野生動物が勝手に住み着いた場合は迷惑でしかありません。住宅に侵入して天井裏などに住み着く動物は、昔からネズミかイタチと相場が決まっていました。しかしながら近年ではハクビシンという動物も無視できない存在です。国内ではっきりと存在が確認されたのは昭和の戦後以降と言われており、外来動物の可能性もあります。そのハクビシンが全国各地で爆発的に増えており、住宅への侵入被害も多発しているのです。ハクビシンは猫に似た外観をしていますが、一般的な猫よりもさらに細長い体つきをしています。そのため5センチ前後の隙間さえあれば、屋内にもやすやすと侵入できるのです。天井裏は彼らが特に好んで住み着く場所です。天井で物音がしたり悪臭が漂ってきたりして何かが住み着いている気配があるとしたら、その正体はハクビシンかもしれません。こうした被害が都市部でも問題となっているため、最近はハクビシン駆除に力を入れている害獣駆除業者が増えています。

ハクビシン生息域が拡大中

ハクビシンが最初に確認されたのは東海地方と言われていますが、ここ数十年の間で生息域はほぼ全国に拡大しています。東海地方の他にも関東地方から東北南部、近畿地方と四国地方に濃い分布域が見られます。そうした地方では人口の多い大都市ですらハクビシンが出没しているのです。ハクビシン駆除と言っても、直接捕獲しようとするのは勧められません。外来動物と疑われてはいますが、アライグマのような特定外来生物に指定されているわけではないのです。そのため捕獲するには許可を得なければなりません。仮に許可を得たとしても、凶暴な面もあるハクビシンを素人が捕まえようとするのは危険です。天井裏にそうした気配が見られるようなら、ハクビシン駆除の得意な害獣駆除業者に調査を依頼した方がいいでしょう。ハクビシン駆除の基本は捕獲よりも追い出しにあります。害獣駆除のプロは燻煙剤や忌避剤・爆破音などさまざまな方法を使ってハクビシン追い出しを試みます。どうしても追い出せない個体だけを捕獲するのです。駆除後には清掃・消毒を経て、侵入口も塞いでくれます。こうした対策も、ハクビシンの生態を知り尽くしたプロだからこそできる技なのです。