ハクビシン駆除をしよう|大事なペットを猛獣から守る

ベッドなどに潜む害虫

作業員

南京虫はトコジラミとも呼ばれるカメムシ目に属する害虫です。これは夜になると活動が活発になり刺された場合強いかゆみが生じます。布団やベッド、カーペット、家具などの隙間に隠れていて見つけにくいのが特徴です。南京虫駆除は専用の殺虫剤が効果的です。これはエアゾールタイプや燻煙タイプのものがあります。布団やベッドのマットなどはスチームクリーナーが効果的です。これらの方法で南京虫駆除ができない場合は被害が広がる前に業者に依頼したほうがいいでしょう。最近多いのがピレスロイド系の殺虫剤に強い南京虫です。一般に発売されている殺虫剤にはこのピレスロイド系のものがかなりあります。使う薬剤を間違えるとその間にも南京虫は増加してしまいます。

業者なら南京虫のタイプを把握してそれに対処した処理を行います。また南京虫は害虫の中でも業者が最も苦労する駆除の一つです。そのため素人では完全に南京虫駆除をするのは難しいと言えるでしょう。業者に依頼すると、まず専門スタッフが南京虫の発生場所などを調査します。その調査結果を元に南京虫駆除の見積もりを出します。その時駆除の方法なども詳しく説明します。作業は大体1日で終わることが多いのですが被害がひどい時には複数回に分けて行うこともあります。南京虫は部屋のいたるところに隠れていますがそれを見つけるには血糞という黒い糞を見つけることが大切です。これがあるところに南京虫が大量発生していることが多いのです。