ハクビシン駆除をしよう|大事なペットを猛獣から守る

被害が出ないために

女性

巣が大きくなる前に

ハチは、春になると、女王蜂が冬眠から目覚め、新たな巣作りを始めます。女王蜂一匹からのスタートということで、巣作りから餌の捕獲、子供たちの世話まですべて一匹で行うことになります。そのころは、一見、巣がどこなるかということは、わかりにくく、場所の特定は困難であるため、この時期はハチ退治には向いていません。ハチ退治しやすい状態とは、その実態がはっきりつかめ、巣がそれほど大きくなっていない時期と考えることができます。特に、夏が始まったころは、大きさも小さい場合が多く、ハチの数も少ないことから、退治する際にも危険度が低くなるのです。それがハチ退治は早ければ早いほどよい、といわれる理由になっているのです。

すぐ相談にのってくれます

しかし、必ずしも早い段階でハチの巣を見つけることができるとは限らないことから、発見が遅れた時のことも考えておく必要があります。一般に、ハチが頻繁に家の周りを飛ぶようになり、怖い思いをし始める状態になってしまった場合は、バレーボール大の大きさに成長している場合も少なくありません。こうなると、防具無しで退治することは非常に危険になってきます。このような時には、無理はせず、専門業者に相談することが賢明です。特に、ハチの種類によっては、すぐに捕獲できるような場所ではなく、天井裏などを利用して出入り口のみが見えている場合もあります。このような時は、工事も伴うため、そういった技術も持った業者にお願いすれば、すぐに状況を見てくれます。